蜂蜜色の家を探しに

イングランドの心のふるさと、Cotswoldsの村々を巡る
小旅行へ行ってきました。
ロンドンから西へ車で約2時間走ると、
そこはもう緑の絨毯が限りなく広がり、まるでおとぎ話の中に出てくるような
可愛らしい村が点在する、それはそれはとっておきの場所。
f0018027_6272152.gif

ロンドン郊外の家を出発し、
一日目:Burford→Bibury→Cheltenham
二日目:Broadway→Lower Slaughter→Bourton-on-the-Water
     →Stow-on-the-Wold と回りました。

***Burford***
f0018027_641264.jpg

途中の渋滞にも負けず、家から休みなしで一気にBurfordに到着。
村の中心部へと続く丘を降りていくと、「あ~、このために来たのよ!」と
思わず笑みがこぼれるような、独特の色の建物が並んでいました。
Tea Roomで3段トレイのアフタヌーンティを堪能した後、村をお散歩。
f0018027_6471210.jpg

ふと路地に迷い込むと、こんな素敵なアンティークに出会えたり。
日本のツアーには組み込まれていないせいか、観光客らしき人は少なく、
地元のおじいさんがパンを買いに来ている姿や、のんびり外のベンチで
お茶を楽しむおばさんの姿など、さりげない村の横顔が覗けました。

***Bibury***
次に目指すは、ウィリアム・モリスが”イングランドで最も美しい村”と
讃えたBibury。
f0018027_6594591.jpg

納得です!!
ちょうど車を止めたところから、まず最初に目に入ったこの風景。
これこそが、まるで時が止まったかのようにたたずむアーリントン・ロウ。
蜂蜜色の家が並ぶ、まさに典型的なコッツウォルズ、み~つけた。
f0018027_752962.jpg

さらさらと流れる清流コルン川の水は、透き通るようにキレイでした。
在英14年のKanも、こんな素晴しい景色を今まで見ていなかったとは・・・と絶句。
f0018027_762191.jpg

窓も戸も、日本人サイズと言っても小さいくらいのコテッジ。
あ~、こんなところに一瞬でいいから住んでみたい!!
叶わぬ夢かもしれないので、とりあえず住んでるふりをしてみる。
「あら、今日のお天気はどうかしら?」
f0018027_7103136.jpg

たまたま観光客がいないのをいい事に、やりたい放題。↑
と、その時、本物の住人が出てきて、ビックリ!
本当に、「今日はもうすぐ雨が降るからね・・・」と言いながら
お出かけする後姿をお見送りしました。
やっぱり、イギリス人の第一声は、お天気の事なんだね!!
f0018027_7142955.jpg

泊まるのはちょっとお高そうなスワンホテルの中も、
トイレを借りたついでに探索し、中庭で夕食を食べる事に。
ここで食事となれば、隣りにあるTrout Farmで採れた、虹鱒料理です。
f0018027_7265772.jpg

イギリスでは珍しく、とっても繊細な味で、大満足でした。

ホテルを出て、川に架かる小橋からカモを眺めていると、一人の男性登場。
手には、ペチコートテイルのショートブレッドの缶。(某有名ブランド)
そしてそれを開け始めるでは。
「え?まさか・・・いや、そんなはずは。え?うそ、やっぱり?」
と、そわそわする私を横目に、そのおじさん、袋の上から
ショートブレッドを粉々に砕いて・・・目が点(・.・;)
その頃には、もうどんどんカモたちが集まってきて、
私が、やっぱりそうなんだ!と確信した直後、
ショートブレッドは、川にばら撒かれました。
そして、次から次に合計3缶ほどのショートブレッドを奪うように食べて、
カモさんのティータイムは終わりました。(謎)
イギリスコッツウォルズのカモは、ショートブレッドがお好きらしい?
そんな謎を残しつつ、次の街Cheltenhamへ向かった私たちでした。

つづく。
[PR]
# by yucalico | 2006-07-07 20:33 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

卒園おめでとう!

今日7月6日、Cocoは1年半通ったRosewood幼稚園を
無事卒園しました!!

日本だと、卒園式なるものがあり、
♪い~つの~こと~だか~
      (略)
も~すぐみんなは一年生~♪
なんて歌って、親はウルウル・・・(涙)ですよね!?
私も、いつの日かCocoが卒園するときには
ハンカチを用意して・・・・・(妄想中)
なんて思い描いていたのですが、こちらはイギリスでございます。
所変われば、習慣も変わる、というわけで、
最終日の今日は、パーティー(劇&持ち寄りパーティー)でした。

つづき
[PR]
# by yucalico | 2006-07-06 22:46 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

衝撃の1冊!!!!

イギリスは、日が長く、とっても爽やかな夏です!
夜10時くらいまで明るいので、何だか得した気分。
お庭に、白いバラや紫色のラベンダーも咲いて、
いっそう華やかになりました。
こんな気持ちの良い季節には、外のベンチに座って
お茶を片手に、のんびり読書でも・・・と行きたいところなんですが、
相変わらず、忙しいです。(泣)
それでも、最近読んでます!日本語!!
日本の活字に飢えているだろう、と実家から次々と送られてきた本たち。
中には読み始めたら止まらないものもあり、どこへでも
何をするにも本を片手に・・・という私の悪い癖がまたお目見えです。
トイレやお風呂にまで、本を持ち込む私に、もう慣れっこのKanは
「また始まったか」という感じ。

「ダ・ヴィンチ・コード」も止まらなくて大変だったけど、
何より、止まらないだけでなく、読み終わった時大ショックだったのが
安倍司著の「食品の裏側 ~みんな大好きな食品添加物~」。
今、日本ではかなり話題になっている本みたいですが、
皆さん、知っていますか?
f0018027_8444364.jpg
表紙に載っていた ”知れば怖くて食べられない”
 -廃棄寸前のクズ肉も30種類の白い粉で
   ミートボールに甦る
 -コーヒーフレッシュの中身は水と油と添加物だけ
 -虫をつぶして染めるハムや健康飲料水

という見出しを読んだだけでも、震え上がりましたが、
中には、添加物の話だけでなく、もっと根本的な
今の歪んでしまった社会、崩壊しつつある日本の食卓などの
実の姿が、読みやすい文章で、切々と語られています。

著者は、もともとは添加物を売り歩くトップセールスマンでした。
食べ物を食べただけで、ワインのソムリエのように
何の添加物がどれだけ入っているか、舌で見分ける事ができるほどで、
どんどん添加物を使っては、便利で美味しく見える食べ物を
開発していたらしい。
それが、ある日、娘が自分の開発した添加物だらけの
ミートボールを口に入れようとしているのを見て、ショックを受ける。
そこで、初めて気がついたこと。
それは、自分の娘には、こんな添加物の塊を食べさせたくない!
という一消費者としての、正直な気持ち。
自分の娘には食べさせたくないものを作っているという事実に
罪悪感を感じた著者は、翌日会社を辞めます。

この本は、一昔あった本のように、
ただ「添加物は危険だ!食べない方がいい!」と
謳ったものとは違います。

ゼリー液を注入して、添加物で固めたプリプリのハム。
腐る寸前の干からびて黒くなった野菜も、
あっという間に、新鮮で美味しそうな野菜に大変身。
とんこつスープなんて一滴も入ってなくても
白い粉だけで、美味しいとんこつスープができちゃう。
などの、添加物の魔法のような力から
利益のためなら、何でもする食品業界のこと。
それを作っている人たちのこんな本音。
「自分のとこの漬物は、食べません。あんな白い粉を
溶かし込んで作ったものは、気持ち悪いですもん」

そして、何より、添加物のお陰で成り立っていると言っても
過言ではない、現在の食卓についてまで。
スーパーで売っている、カット野菜やパックサラダ。
「洗ってあるし、切ってあるし、便利!」
レトルト食品も、料理の時間が短縮できて、助かる。
でも、その便利さの裏には、やはり落とし穴が。
カットされた野菜が長持ちするのは、
「殺菌剤」の入ったプールで、しかも一度ではなく数回
濃度を変えて、洗ってあるから。
そして、こんな食品を食べ続けた子どもたちの偏食。

などなど、事実を分かりやすく綴った一種の告発本なのです。
そして、最後に事実を知った私たちが求められるものは、
自分自身の選択。
それでも、買い続けるのか。安ければ、どんなものでもいいのか。
もしくは、少しでも安全なものを選んで買うのか。

この本を読んでから、私の買い物は、普段の倍もの時間が
かかるようになりました。
それは、裏の原材料を確かめてから買うようになったから。
そうすると、同じクラッカーでも、分けの分からないものが
いっぱい入ったものから、シンプルな材料だけのものまで
様々な種類がある事が分かりました。

もちろん、今の時代、添加物をゼロにすることは不可能だし、
添加物を気にするあまり、食の楽しさを失ってしまうのも嫌だけど、
家族には、少しでも安全なものを食べさせたい。
それが、私の答えでした。

皆さんは、どうでしょうか。
もし、このブログを読んで、ちょっとでも食べ物に、興味があったら、
ぜひこの本を読む事をお勧めします。
特に、子どもさんがいる人、またこれから子どもを育てる人は、
必読!!!!!!!!!!!!!!!!
ロンドン在住の人には、貸し出ししますよ!!

私の育った環境&イギリスの食事情 (長いので、覚悟の上でどうぞ)
[PR]
# by yucalico | 2006-06-29 21:43 | *2005~2009* | Trackback | Comments(6)

Come on England!!

ワールドカップ、真っ只中ですね!?
イングランド、燃えてます!!街中ワールドカップ一色。
Cocoの幼稚園では今日、ワールドカップを記念して、
みんなそれぞれサッカーにちなんだ衣装を着て通園。
昨日、日本が負けるまでは、何とか日本のサポーターの
格好をして行こう!と意気込んでいたのですが・・・・
日本、終わってしまいましたね。
f0018027_644149.jpg

せっかく日の丸も書いてみたけど、願いは届かず・・・
仕方ないので、これからはイングランド応援します!!
Owenがいきなり大怪我で大変だけど、
「このW杯はOwenに捧げる!」と、チーム一丸となって
かなり張り切っているらしいイングランドチーム。
どこまで行けるでしょうか???

Coco、サッカー選手に変身
[PR]
# by yucalico | 2006-06-23 06:54 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

ヨーグルトと一緒に

最近、はまってどんどん作ってしまったもの。
それは、手作りジャム各種。
f0018027_3242333.jpg

きっかけは、お友達のmegちゃんに教えてもらったルバーブのジャム。↑
「おいしいよ~」と言われ、今まで不思議すぎて買ったことがなかった
ルバーブなるフルーツを買って、早速作ってみました!
ルバーブって、こんな長ーい棒状のフルーツ。
f0018027_3262186.jpg

これをね、なんとそのまま使うんですよ。(皮とか剥かずに)
ザクザク切ってみると、予想通りスジっぽい。繊維多そう。
それが、あら不思議。
火にかけると、どんどん柔らかくトロトロになって、溶けちゃうんです。
今回は、白ワインをた~っぷり使った、ちょっぴり大人のお味。
出来立てを味見してみたら、「う~~ん、おいしい、しあわせ☆」
ヨーグルトに入れたら、これがまたいいコンビで◎。
ちょっぴりワインの酸味が、Cocoには難しいかな、と思ったら、
きれいにお皿によそっている端から、食べてました。

他にも・・・
[PR]
# by yucalico | 2006-06-18 03:38 | *2005~2009* | Trackback | Comments(0)

親も参加型幼稚園

昨日は、朝早起きして、お弁当を作った後、
Cocoと私は浴衣に着替え、下駄を履いて幼稚園に向かいました。
幼稚園に着くと、「わぁ~!」とみんなが大歓声。

Cocoの幼稚園では、今アジアについて習っているということで、
先生からぜひ、日本語の絵本の読み聞かせと日本の文化を子供たちに
伝えて欲しい、と前々から言われていたのでした。
f0018027_7253694.jpg
絵本は何にしようか、かなり迷ったのですが、
いわさきちひろさんの挿絵がとてもキレイで、
松谷みよ子さんの日本語が美しく、お話も日本らしい
「つるのおんがえし」に決定!
(英語ではCrane's Gratitude)
桃太郎とも思ったのですが、
Peach Boyって・・・って感じだし、
鬼って言うのも、なかなか英語で伝えにくい・・・ということで却下。
お世話になった幼稚園も、もうすぐ卒業なので、
仲良くしてくれたお友達と、素晴しい先生方に感謝の意も込めて、
一つ一つ丁寧に、日本の折り紙を使って折った鶴も持って行きました。
f0018027_19472925.jpg


実は、私たちの幼稚園訪問は2回目でした。
Cocoの幼稚園は、何に対しても、すごく積極的で、
前回は、私たちがピアニストだ、と言ったら、「是非演奏しに来て下さい!」
今回は、たまたまCocoが家に日本語の絵本がある、と言っただけなのに、
「是非みんなに日本の本を紹介して!その時には、着物も着て来てね!」
といった具合で、親も参加型。とにかくいろんな経験をさせてくれるのです。
そういえば、Cocoがヴァイオリンを始めた、と言った時も、
「持ってきてみんなにどうやって弾くか教えてあげてね!」と言われ、
まだキラキラ星もうまく弾けないのに、弾かされたCoco。
でも、ここでは外国人である私たちにとって、こうやって自分達の文化も
尊重してくれ、Cocoのちょっとした特技でさえも、みんなで褒めてくれる、
そんな幼稚園の積極的な態度が、とても嬉しかったりするのです。
もちろん、外国人だけではなくイギリス人の親も、
いろんな形で、幼稚園に参加しています。
f0018027_1958398.jpg

私が、まず日本語で読み、みんなもちろん理解できないので、
その後、Kanが英語に訳しました。
前回同様、みんなとても静かに集中して聞いてくれて、嬉しかった!

この後、幼稚園見学。
[PR]
# by yucalico | 2006-06-15 20:00 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

暑いですっ!

ロンドン、暑いです!いきなり夏になりました!
今日は29度くらいまで上がり、さすがに外も家の中も暑かった・・・
この国、クーラーがないですからね・・・
外の日陰の方が、家の中より涼しいくらいです。
そして、もう6月も半ば。
最近は、とにかく忙しくて忙しくて、ゆっくりパソコンに向かう暇もなし。
しかも、日本に一時帰国までも、あと1ヶ月!!!
いや~、それまでにいろいろとこなせるのでしょうか・・・

今日は、W杯日本初戦でしたね!?
あぁぁぁぁ~~、くやしい!
いつもの事ながら、「キャー」とか「うぅぅ」とか「おー、危ない危ない」とか
うるさく観賞する私たちを横目に、
「大丈夫よ、ママ。そんなに言わなくても。ボールまだそこにあるから~」
と、何故か一人、妙に冷静なCoco・・・
ニッポンコールにも、「ニッポンって何よ?にほんの事?」だって。(汗)

夜は、Cocoが9月から行く小学校の説明会にKanが行き、今お帰りです。
早いですけどね~、こちらでは、4歳半から小学校です。
早速クラス分けがあったらしく、Cocoはめでたく「GOLD」組だそうです!
今幼稚園で仲良しだった子とは、違うクラスになっちゃったけど、
また新しいお友達できるかな。
一学年90人、3クラスのこの学校ですが、今回応募人数140人だった
そうです。そんなにスゴイ難関だったとは・・・

今週は・・・
[PR]
# by yucalico | 2006-06-12 22:28 | *2005~2009* | Trackback | Comments(8)

ハーフターム

やっとCocoのハーフターム(学期の中休み)が終わり。
今日からまた幼稚園で、正直ホッとしています。

ハーフターム=いつも会えない友達に会う=おいしい物を食べに行く。
というわけで、今回はなんと、それぞれ3組のお友達と3回も外食。
Cocoはもう、私たちの友達とのお食事には、慣れっこだし、
最近は、日本語でも英語でもOKなので、誰とでもそれなりに
打ち解けはするのですが、ちょっともう大人の会話には飽き飽き・・・?

このハーフターム中、Cocoが一番楽しかったのは、
Pinnerの街に突如、出現したFair!(巨大移動遊園地)
仲良しのJamesくんとGraceちゃんを誘って、出かけました。
f0018027_6452353.jpg

Fairって言ったって、大した事ないだろうな、と思っていたら、
あまりの規模と人込みに、腰が抜けそうになりました。
Pinnerの街の主要道路が全部封鎖され、巨大遊園地に大変身!
まずは、念願のメリーゴーランドから。
初遊園地の乗り物に、緊張で顔がこわばっていたため、
ちょっと心配だったのですが、一人で乗せてみました。
回り始めて、わぁ、楽しそう!と思っていたら、あれあれ?
どんどんスピードアップして、微妙な顔のCocoがすごい速さで
くるくる・・・くるくる・・・(笑)。もはや、誰も止められません。
終わって、「もうやだ!」とか言うかな?と思ったら、
なんと楽しかったらしく、「次、どれに乗ろっか?」
f0018027_6594323.jpg

次からは、もう余裕の笑顔。手とか振っちゃってました。
しまった・・・遊園地の味を占めたか。
とにかく、すごい数のアトラクションに、すごい数の人・人・人!
おまけに、話し声が聞こえないくらいの音楽。
あのいつもの静かな街はいずこ?って感じでした。
懐かしのリンゴ飴や綿菓子もありました。万国共通なんでしょうか?
こんな可愛い屋台も!
f0018027_714355.jpg

今回の中で、一番の絶叫物は、コレだったかな?
f0018027_77299.jpg

観ているだけで、鳥肌立っちゃいました。
昔は、絶叫物に乗っていた私も、今じゃもう、ありえないです。
そういえば、学生の頃、みんなで富士急アイランドの
絶叫マシン「富士山」に乗りに行ったな~、なんて、思い出しました。
あんなの、よく乗ったよね、ホント・・・。今乗ったら、確実に失神するはず!
f0018027_7134791.jpg

遥か彼方に宙吊りにされている人たちを横目で見ながら、
Cocoたちは、平和にコーヒーカップ。
f0018027_7151813.jpg

でもコレ、実は平和じゃないんですよね!?
昔、中央のハンドルを思いっきり回されて、首が抜けそうになり、
ムンクの叫びのような悲惨な顔になって以来、私はキライです。
f0018027_7214017.jpg

趣あふれる街並を、一気にこんなに乱して、
また次の街へと、旅立って行った移動遊園地でした。
子ども達は、とても喜んでいましたが、親は£1コインが飛ぶように
なくなっていって、冷や汗ものでした。

レストランのレビュー
[PR]
# by yucalico | 2006-06-05 12:15 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

採れたて最高!

気温はまだ低いけど、すっきりキリッと晴れた青空に久々にご対面。
気分まで、キリッと引き締まります。
これからの季節はPYO!
という事で、今日は、みんなで近くのFarmに行ってきました~!
PYOとは、Pick your ownの意味で、日本で言うフルーツ、野菜狩り。
4月終わりからに始まり、9月頃まで、ロンドン郊外にあるFarmで、
自分で収穫した野菜やフルーツを、格安で手に入れる事ができます。
f0018027_7242676.jpg

今日の目的は、イングシッリュアスパラガス!
4月の終わりから5月まで、たった8週間という短い旬を、
去年は逃してしまったので、今年こそ!と意気込んでいたのですが、
もう気がついたら5月も終わりそう。慌てて、出かけました。

街から15分ほど車を走らせると、もうそこは一面緑の世界。
緑のトンネルを潜り抜けて、小道を走っていくと、Farmが見えてきました。
お目当てのアスパラガス畑は、こんな感じ。
f0018027_7304273.jpg

んん?どこよ、アスパラは??
一見荒地?なので、「出遅れたか・・・」と一瞬焦ったのですが、
よく見ると、「あ~~、あったあった!!!」
f0018027_7344950.jpg

先に来ている人たちが、かなり重そうに袋にいっぱいのアスパラを抱えて
帰って行った上、もう時期が時期なので、何とか最後のアスパラに
ありつけた、という感じでしたが、目を凝らしてみると、あるある!
地面からニョキッと、アスパラ君が顔を出していました。
それを、ポキッ、ポキッと折っていきます。
へ~、アスパラって、こういう風になってたのね!と親も学習。
しかも、楽しい!(^O^)/
Cocoはもちろん、親の私たちまで子どもに戻ってはしゃぎました。

つづき
[PR]
# by yucalico | 2006-05-30 22:31 | *2005~2009* | Trackback | Comments(6)

スタミナ補充

Kanがイタリアから帰ってきてからというもの、
VISA申請の手続きに追われたり、Cocoが風邪を引いたり、
おまけに毎日雨ばっかりで、気分も憂鬱になって、
私も喉をやられたり・・・・・・・で、かなり参ってました。

ちなみに、Kanはイタリアで行われていた
マウロ・パウロ・モノポリ国際音楽コンクールで4位入賞。
ちょっとした賞金とメダルをお土産に、激疲れで帰ってきました。
今回も、またまたハプニングあり、問題騒動アリ?とかなり話題豊富な
コンクールだったようですが、「ブログに体験談でも書く?」と聞いたところ、
答えは「No!」だったので、まぁとりあえず、報告だけということで。

帰ってきた次の日には、私とCocoのVISA申請の予約が入っており、
これまた一日掛かりで、ホームオフィスに出かけ、
予約の時間があるにもかかわらず、2時間待ち当たり前!に
ちょっとキレつつも、無事永住権(正確には、Indefinite leave
to remain in the UK)をいただいてきました。
別に、イギリスに永住する気も覚悟も全くまだないのですが、
これで、とりあえず好きなだけ居られるということで、一安心。
ところが、この日から幼稚園でもらった風邪を引いてしまったCocoは、
寒い外と、これまた何故か冷房が効いた寒いホームオフィスの中で
ひたすら合計5時間近く、待たされたお陰で、容態が悪化。
その後2日間、熱が下がらず、大変でした。

そして、私も何だか最近は、雨ばっかりで気分も優れず、
おまけに喉がイガイガ&たまに咳き込むのが、なかなか治らず
もう彼是今日で5日目。

ちょっと気晴らしでもしないと!と、今日はし~~かり遊んで
スタミナ補充もしてきました!
あ~~、楽しかった☆
題して、「ミニミニ桐朋同窓会 in London」。
桐朋の同級生、ピアノのmegちゃんと作曲家のMaiちゃんが、
なんと偶然にもロンドンに今いるので、会う事になったのです。
いや~、それにしても、よく食べて、よく喋ったね!!
ランチに行ったはずが、帰ってきたらもう6時でした。(汗)
Kanくん、お留守番&Cocoのお迎え、ありがとうです。
たまにはいいよね!!??

私たちの食べたもの。
まずランチは、韓国料理店で、焼肉カルビ、石焼ビビンバ、
豆腐チゲの定食を、みんなでシェア。
ナムルやキムチ、チャプチェまで付いて、かなり大満足。
辛いものの後は、甘いものでしょ!と、今度はYauatchaへ移動。
1階のカフェに座り、まずはケーキを堪能し、やっぱり飲茶も食べたい☆と
飲茶も3品、ぺロっと平らげました!!
コレだけ食べて、一人£20ちょっとだったので、かなりお得!

ワタクシ、相当ガラガラ声で、とっても恥ずかしかったのですが、
それでも、もうおしゃべりに花が咲いちゃって咲いちゃって・・・
美味しい物をいっぱい食べて、おしゃべりもいっぱいして、
とっても幸せでした!
やっぱり、同級生っていいね☆
実は、megちゃんもMaiちゃんも内部生(高校から上がってきた子達)で
私は大学からの外部生だったため、同じ授業をあまり取った事がなく、
在学中は、ほとんど話しをしたことがないくらいだったのですが、
今回、またロンドンで再会してみたら、懐かしい話なんかも出て
なんだか昔からず~~と知ってるような、そんな錯覚に陥るほど、
自然で楽しくて、時間の経つのも忘れてしまうかの様でした。

うちで待っている、チビちゃんと旦那様にも、忘れずにお土産を。
f0018027_68425.jpg

Yauatchaのケーキは、ロンドンでは珍しいほど甘さ控えめでした。
「一人ひとつ食べれるかな?」なんて可愛く言っていた私たち。
食べ始めたら、あまりにあっさりしていて、
「あれ?もう1個行けるかも? へへ」
megちゃんは、チョコとジャスミンのケーキ、Maiちゃんはライチのケーキ、
私は、抹茶とグレープフルーツのケーキを頼み、それぞれ味見しました。
そして、お土産には、この「Kakinoha」という柿をつかったであろうケーキ。
f0018027_692815.jpg

食べてみたら、柿も多分入っていたんだろうけど、
パッションフルーツの味の強いケーキでした。
中にホワイトチョコまで入っていて、かなり凝っていました。

Kanより、おまけの写真
[PR]
# by yucalico | 2006-05-22 22:42 | *2005~2009* | Trackback | Comments(6)

怪力女のチョコマフィン

またまた、手作りお菓子です。
今日は、チョコ好きのお友達のお家に呼ばれていたので、
手土産に、チョコマフィンを作って、持って行きました。
f0018027_655797.jpg

平べったい形だけど、これ、一応「マフィン」です!!(と言い張ります)
今回買った紙のマフィンカップは、うちにある小さなマフィン型に
フィットしなかったので、無理やり、紙の型にそのまま生地を流し込んだら、
どんどん形が崩れて、焦りました。
1個は、天板の上にトロトロと流れ出して、いびつな形に・・・
人にあげる時とかに限って、失敗するものです。
f0018027_702386.jpg

今回は、ちょっと遊んでみようと、中にチョコクリームを入れてみました。
パカッと半分に割ったら、中からクリームがトロ~っと!
出てくるはずでしたが・・・・
f0018027_73581.jpg

?????
流れては来ませんでした。
う~ん、何でだろう?クリームが固すぎたかな?
まぁ、味は良かったから、いいんだけど・・・
f0018027_763296.jpg

今日、このマフィンと一緒に、ポーランドで買ってきたという
桜茶をいただきました。
え?ポーランドに桜茶?って思ったけど、あるらしいんです!
でも、Japanese Cherryと書いてありました。(?)
へ~、興味津々!と飲んでみると、
日本の桜茶と言えば、桜の花の塩漬けというイメージですが、
こちらは、全く違う初体験のお味!
花ではなく、葉っぱをたぶん炒って作ったのではないか、という感じで
ほうじ茶のような色と味なんだけど、もっと甘みが加わって、
何とも美味しいデリケートなお茶。
香りも、とってもあま~くて、気に入ってしまいました。

私って怪力・・・?
[PR]
# by yucalico | 2006-05-14 22:15 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

花盛り

このところ、これでもか!という位やる事が多すぎて追いつかず、
かなりパニック状態の我が家です。
バタバタと動き回り、あ~疲れた、とふっと庭を見ると
外は、まさに花盛り!お花がいっぱい!!
f0018027_629791.jpg

疲れた体も心も、花たちを見ると、癒されます。

我が家にある2本のりんごの木。
今年も元気に、花を咲かせてくれました。
ちょっと前に見たときには、まだ蕾が残っていたのに
f0018027_6332125.jpg

もうこのとおり!
f0018027_6334797.jpg

1本は、料理用の青りんご(多分Bramblyという種類)の木で、
もう1本が、食用の赤いりんご(多分Coxだと思う)の木です。
去年は、赤いりんごはいっぱいなったけど、青りんごは2、3個でした。
しかも、日本で夏を過ごした後、すぐにザルツブルグに行ったため、
帰ってきた頃には、全部落ちて腐っていました・・・(泣)
今年は、8月半ばには、戻ってくる予定なので、
いっぱい食べれるといいな。
今からわくわくです。アップルパイ作れるかな~☆

つづき
[PR]
# by yucalico | 2006-05-08 06:38 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

ピアノと子育てと私と

春休みの間さぼっていたピアノに、
先週から、久々に真剣に向かっています。
「いい加減、始めないと!」という事で、まずはプログラミングから。
楽譜を片っ端から出してきて、にらめっこ。
そして、ひたすら譜読みの嵐。
我を忘れてやっていたら、首の裏がこって痛い痛い・・・
いきなりやるから、こういう事になるんだよね、全く!
指は思ったよりは、ちゃんと言う事を聞いてくれたけど、
ちょっと弾いただけで、激疲れ。
でも、なんだか気分はスッキリ!練習もいいもんじゃ。
夏まで、猛練習頑張ります!!(宣言だけは、しっかり!)
f0018027_22373971.jpg

思えば、Cocoが生まれてからの4年間は、
ピアノと子育てとのバランスをいかに取るか、というのが、
最大の課題だったような気がします。
生まれる前は、子どもができても、
練習の時はピアノの下で遊ばせておいて、私も演奏は続けて・・・
なんて、軽く考えていたら、現実はそんなに甘くはなかった。
Cocoは、赤ちゃんの頃から、とにかく手がかかる、
感受性の強い子だったため、生まれて来た次の日から、
私の今までの価値観が覆され、休みのない育児の毎日が始まりました。

つづき
[PR]
# by yucalico | 2006-05-01 22:42 | *2005~2009* | Trackback | Comments(10)

自然だ~いすき!

今日からやっと、Cocoの幼稚園が始まり、
ちょっとワタクシ、一人の時間を楽しんでおります。
それにしても、静かだわ・・・うち。
Kanはこのところ、「忙しすぎて、やる事が多すぎて、頭が爆発しそう!」と
叫んでいます。

週末、本当に爆発されたら困るなぁ、と思っていたところに、
待ってました!とばかり、朋ちゃん夫妻からお出かけのお誘い。
新婚夫婦にお邪魔虫が約2匹、ちょこちょことついて行く事に!
Windsorエクスパートの朋ちゃん達が連れて行ってくれたのは、
Savill Garden in Windsor Great Park。
まだ建設中のモダンな建物の奥には、ガーデンセンターやカフェ、
そして、美しい庭園が広がっていましたが、
私たちが、自由に羽を伸ばしたのは、まさに大自然の真っ只中!という感じのここ。
f0018027_21122539.jpg

広がるのは、ひたすら緑、緑、緑のフィールドのみ。
私たち、走りました!!そして、息切れました。
f0018027_21182635.jpg

なんでこんなに土地があるの?っていうくらい、広い広い!
芝もキレイに刈ってあったので、ピクニックシートを広げて、
みんなでランチができるくらい、ポカポカ暖かく(たまに暑いくらい)
とっても気持ちの良い日でした。
f0018027_21221052.jpg

広い所や自然がだ~いすきなCocoは、もうおおはしゃぎ!
私たち、息が切れてるのに、「じゃ、もう1回走ろうか?」って
「ちょっと、休憩が必要です、大人は!!!」
日頃の運動不足を痛感しました。

つづき
[PR]
# by yucalico | 2006-04-24 21:20 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

Kan's Birthday! (旅行編)

お誕生日当日、手作りしておいたHot Cross Bunsを持って
小旅行に出発!!いつも用意が遅い私たちですが、
がんばって9時には、家を出ました。
ちなみに、Hot Cross Bunsは、イースター前の聖金曜日に食べる習慣が
あるパンですが、今では、年中スーパーで売られています。
今回は、手作り初挑戦。半分に切ってトーストし、バターを塗って食べます。
f0018027_2295728.jpg


家から、ずっと南東の方向へ下って、
最初の目的地Leeds Castleを目指しました!
イースター前日だからなのか、道がすごく空いていたので、
10時過ぎには、Leeds Castle到着!出だし好調!
リーズ城は、「貴婦人の城」と称される湖上に浮かぶお城と、
その広大な敷地内に点在する、いくつもの庭園で有名。
f0018027_2415554.jpg

黒鳥さんの親子発見!
f0018027_2441846.jpg

自然を満喫するバースデーボーイ。
f0018027_245317.jpg

色とりどりのお花に囲まれ、春だな~と実感。
と思ったら・・・・
アレ、桜だ~!
f0018027_1934551.jpg

お堀を取り囲む塀に沿って、植えられた桜の木。
f0018027_2461924.jpg

まさに日本!の風景でしたが、ふっと目をそらすと、
周りは、イギリス独特の果てしなく広がる牧草地。
なんだか、面白いコンビネーションでした。
f0018027_2494798.jpg

私の中では、チラッとリーズ城を見て、写真撮って、
すぐに本命のRyeへ向かうはずが、そんな甘くはなかった・・・
リーズ城、あまりの広さに入場料を払って、かなり歩かないと見えないし、
桜に感動して、写真撮りまくっちゃったし、
せっかく来たからお城の中も見学、などなどしていたら、
あっという間に時間が経ってしまいました。
f0018027_7254177.jpg

珍しい全身真っ白の孔雀も拝めて、大満足。
それでも、まだ敷地の半分以上も、見るところを残し、
後ろ髪をひかれつつも、リーズ城を後にしました。

可愛らしい街Ryeへ。
[PR]
# by yucalico | 2006-04-16 02:24 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)


ロンドン郊外に暮らす音楽一家の日常、レッスン、大好きなティータイム、旅行、ささやかな喜び・・・などを綴った音楽帳♪


by yucalico

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
*おとのあるくらし*
*ぷれりゅーど*
*おちゃしましょ*
*すてきさがし*
*おいしいはっけん*
*ナチュラルライフ*
*こころ&ゆめ*
*たびのおもいで*
*ともだちのわ*
*グレイスフルスイーツ*
*ひびのつぶやき*
*2005~2009*
*ちいさなアルバム*
*おうちづくり*
未分類

最新の記事

Happy Sweet 16..
at 2018-02-08 09:32
ピアノの上達
at 2018-02-02 06:48
長女のコンサート in Es..
at 2018-02-02 02:14
一年前
at 2018-01-31 02:12
餅つき大会
at 2018-01-23 01:09

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

pianopianoさん..
by yucalico at 06:30
pianopianoさん..
by yucalico at 05:58
すみません、こちらのブロ..
by pianopiano at 08:57
はじめまして。 ロンド..
by pianopiano at 08:28
鍵コメさん、コメントあり..
by yucalico at 07:04
鍵コメさん、コメントあり..
by yucalico at 06:47
鍵コメさん とっても嬉..
by yucalico at 00:35
♪鍵コメさん メッセー..
by yucalico at 21:28
♪せのーかおりさん コ..
by yucalico at 07:44
ついさっき、この記事を拝..
by せのーかおり at 23:20

最新のトラックバック

Galette des ..
from Strawberry and..
MOMOランチ
from Strawberry and..

2009年6月から2010年
11月までのブログはこちら


検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧