二人きりデート(?)

久しぶりに(1年ぶり位?)ハロッズへ行ってきました。
相変わらず、ハロッズはハロッズ!
ちょこっと、友人のお祝いを買いに~とか思った私が間違いでした。
どれもこれも、高すぎ!!おまけに、広すぎ!!
未だに、ハロッズの造りを理解していない私。
いっつもぐるぐるぐるぐる回って、トイレを探すにも一苦労・・・
こういう大きなデパートって苦手です。
f0018027_23103662.jpg

いきなり、こんなハロッズのコンビニ(?)みたいな店まで、
道挟んで反対側にできていました。いつできたかは、不明・・・
(キャッチフレーズは、ドーナツからドライクリーニングまで、だそうです。)

買い物は諦めたけど、せっかく来たんだから!と、
カレッジの仕事に向かう前のKanを呼び出し、ハロッズで待ち合わせ☆
そして、昨年ロンドン進出したLADUREEに行く事に、勝手に決定!!
f0018027_2316324.jpg

カレッジのA教授から、大量のコンテンポラリーの楽譜を借りるために
ミニスーツケースを持参していたKan。
ハロッズに入る時、ドアマンに持ち込み禁止と言われ、
スーツケースお預かり料£2、5(約500円)を取られたとかで、
ブーブー言いながら、現れました。
さ、さすがはハロッズじゃ!
f0018027_23221484.jpg

店内は、こんな感じ。
パリのお店より明るい感じで、雰囲気は◎。
私たちが通されたのは、1階の普通のテーブルでしたが、
奥の方には「ブラックサロン」と呼ばれる真っ黒の部屋や
赤いソファーが置いてある2階席もありました。
f0018027_2325531.jpg

二人で食べたのが、このクラブサンドと紅茶。
お値段は、聞かないように。
これを頼んだ時点で、これはホワイトデーデートって事にしよう!と
無理やりこじつけました。
ただフラッと立ち寄ったにしては、高すぎだったので・・・
それにしても、二人きりで食べに行くのって、いつ以来?という話に。

「んんん・・・・・・・・・・・・・・????・・・・」

思い出せないくらい、昔かも。
日本に帰った時くらいしか、親にCocoを預けて
二人で出かけられないのが、現状です。

なので、久々のデート(?)、楽しみました!
ラデュレに来たからには、マカロンも食べましたよ。
f0018027_2334591.jpg

手前のチョコとピスタチオは、「さすがラデュレ様、万歳!」というお味。
レモンは、「あっ結構いいんじゃない?」という感じ。
そして、ローズペタルは、「んん??」
(あくまで、個人的な意見です。)
でも、いつも食べてたPaulのマカロンとは違って、
どれもかる~く、同じマカロンでも違うのね!と感心。

しかしですね。
やっぱりラデュレに行ったら、ケーキを頼まないとダメでしたね。
見た目にも美しく、かなり美味しそうなケーキが並んでいました。
肝心のケーキは、写真に写ってませんが・・・(汗)
f0018027_23411914.jpg

紅茶は、シルバーのポットに入っているのに、ティーバッグ。
香りがよくて美味しかった事は美味しかったけど、
£3払うなら、リーフティーにしてよ!と思いました。
その上、フランスだからなのか、
ミルクが来ない!(イギリス人は許せないと思う)ので
今度、ラデュレに行ったら、絶対コーヒーとケーキにしよう!!!
ケーキとコーヒーだけなら、一人£7くらいで食べれるはず。

これを買って帰りました。
[PR]
# by yucalico | 2006-03-21 23:36 | *2005~2009* | Trackback | Comments(12)

Girls' Day Out!

先週木曜日、朋ちゃんとアフタヌーンティークラスに行ってきた記事を
書こう書こうと思っていたら、もう月曜日!?
そして、気づいたらもう3月も後半??早いわ~
なぜかこの4、5日、異常な眠気に襲われ、冬眠モードの私でした。

さてさて、木曜日に私たちが向かったのは、イギリス人のお宅。
出迎えてくれたのは、3歳のお孫さんがいるとは思えないほど若く、
ゴ~ジャスなGuilianaさん。
いや~、あんな風に歳が取れたら、素敵!!
まず、1860年に建てられたというヴィクトリアンハウスの中を
丁寧な説明付きで、見せてもらいました。
Guilianaさんのベッドルーム、壁は一面花柄、
ベットは天蓋付きベッドwithフリル、
白い化粧台には可愛い香水のビン達・・・と、かなりラブリーな部屋でした。

その後、早速お料理のレッスンが始まり、Guilianaさんの面白トークも
交えながら、どんどんお菓子を作っていきました。
f0018027_19143046.jpg

出来上がって、セッティングをしたら、こんな感じに!!
すごいでしょ!?って、全部私たちが作ったわけじゃないんですけどね・・・
実際習ったのは、ショートブレッド、サンドイッチ各種、スコーンの3種類。
ケーキ類は、先生が作って用意しておいてくれてました。
どれもそんなに難しくはないのですが、先生の長年の経験から生まれた
ちょっとした裏技、小技の数々は、かなり勉強になりました!
f0018027_19174053.jpg

Guilianaさん、お菓子を作っている間、「Come on, girls!」とか、
「Good girl!」などなど「Girls」を連発!
「Girl」なんて当分呼ばれてないので、はじめは「あ!私たちの事か!?」と
一瞬戸惑ったものの、「うふふ、そう呼ばれるのも悪くないわ」と、
すっかり「女の子」に戻って、お菓子作りに専念した私たちでした。
つまみ食いもいっぱいさせてくれたのですが、
焼きたてのショートブレッドが、とっても美味しくて感動!!
「Mummy」(Guilianaさんは、自分の事をこう呼んでました)に、
このショートブレッドは、今までの生徒さんの中で一番良い出来よ!と
褒められ、とっても上機嫌なGirlsたち・・・本当に楽しい一時でした!
f0018027_19343964.jpg

このお家、まさにイギリス人のお宅という感じで、
いろんなアンティークのコレクションや、面白い小物で溢れていました。
f0018027_19365318.jpg

さて、スコーンも登場して、みんなでティータイム。
イギリスのアフタヌーンティーって、そもそもイギリス!なので、
ケーキだってフランスのに比べたら、素朴で洗練されてないし、
スコーンやショートブレッドなんて、要するにバターを小麦粉と砂糖の塊、
と言えば、それまでなんだけど、やっぱりこの雰囲気は特別!
午後の一時、お茶を片手に、おしゃべりをしながら、
一口大のケーキやサンドイッチをつまむ!!
これぞ、まさに「Girls」が憧れる優雅な世界。
Guilianaさんのように若さを保つ秘訣は、
いつまでも「Girls精神」を持ち続ける事ね!と勝手に思いました。

レシピ情報&Girls' Tea Timeのつづき
[PR]
# by yucalico | 2006-03-20 19:39 | *2005~2009* | Trackback | Comments(6)

シャボン玉とんだ♪

前回のお誕生日会のつづき。
ずっと立ちっぱなしで、クタクタになった私とは反対に、
帰ってきてから、更にパワーアップしたCoco。
お土産パックの中に入っていたシャボン玉をするべく、
お疲れの私を引っ張って外へ。
子どもって本当に、一時も休ませてはくれません。(泣)
f0018027_22413137.jpg

もちろん、お気に入りのプリンセス顔はそのままでね!
f0018027_22491739.jpg

あまり乗り気ではなかった私も、シャボン玉を見ると癒され、
気がついたら、一緒にはしゃいでました。
f0018027_22444674.jpg

あ!みてみて~とんだ!あ!ふたつくっついた~!
f0018027_22425440.jpg

光を浴びてキラキラ☆と七色に輝くシャボン玉は、
すぐに消えちゃって、本当にはかないけど、
その姿を目で追っているだけで、
日頃の疲れは吹き飛んでしまうかのようでした。
f0018027_22553987.jpg


もうすぐ春?
[PR]
# by yucalico | 2006-03-14 22:49 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

女の子はプリンセスがお好き☆

2月3月と、我が家の周りではお誕生日ラッシュが続いています。
この週末は、Meganちゃんのお誕生日パーティへ!
以前にも書いたように、イギリスでは子どものお誕生日パーティーが
かなり盛大に行われます。
先週末のJ君のパーティーは、もう去年も行ったし、なんか面倒くさいし・・・と
(親の勝手で)お断りしちゃいましたが、
Meganのパーティーのお題は、”Fancy Dress Party!!”
なんでも好きなコスチュームで来て下さいっていうパーティ。
大好きなプリンセスになれる絶好のチャンスを、
Cocoが逃すはずがありません。
f0018027_1935419.jpg

後ろに写っているのは、大きなNoddyのBouncing Castle。
この中で、みんなひたすら飛び跳ねていました。
今日の主役のMeganちゃん。大きなプレゼント、よいこらしょ!
f0018027_1972936.jpg

Face Paintingにも挑戦。
f0018027_19153016.jpg

ちょっと緊張気味のCoco・・・
f0018027_199577.jpg

お花と蝶々がいい☆と言ったら、こうなりました!
f0018027_19104560.jpg

ピーターパンの格好をした来たFinn君は、犬に大変身!
f0018027_19112518.jpg

その他にも、いろいろとゲームがあって、
Meganのお父さん、声を張り上げて頑張ってました。
f0018027_19123878.jpg

いろんなコスチュームの子がいるでしょ!?
Cocoは埋もれてしまって見えません・・・
男の子は、スーパーマンやスパイダーマン、海賊に警察官、
ピーターパンにMr.インクレディブル・・・とバラエティー豊か。
それに対して、女の子はみ~~んなプリンセスかフェアリー☆
f0018027_192049.jpg

やっぱり女の子は、お姫様!!だけど、
王子様になっている男の子は、いませんでした。(笑)

やっとプリンセスになれた!の裏話。
[PR]
# by yucalico | 2006-03-12 19:13 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

MOZART SONATATHON!

ちょこっと宣伝!(From Kan)
3月12日(日)に、Royal College of Musicにて
モーツァルトのピアノソナタ、全曲演奏会、
その名も”SONATATHON”が行われます。
朝10時から、夜7時半頃まで、ず~~~と
モーツァルトのソナタだそうな・・・(2台ピアノも含む)
今年はホント、クラシック界はモーツァルトだらけです。
楽章ごとに、いろんな人(学生や教授たち)が入れ替わり
弾くみたいなので、演奏会というよりイベント的だと思うけど、
興味がある人はどうぞ!!
Vienese Cafeも出るらしい。(味は保障できませんが・・)
Kanは、朝から晩までアシスタント(カメラマンや譜めくりなどなど)として
駆り出されます。

これで、思い出したけど、小さい頃、ピアノマラソンっていうのに
参加した事があります。
確か24時間くらい、ぶっ続けでやっていて、
自分の番の時に行って、前の人からたすきをもらって、
ちょろちょろっと弾いて、帰ってきたような記憶が・・・
何を弾いたかは忘れたけど、とにかく肩からたすきが落ちそうになるのが、
気になって気になって仕方がなかった、というのだけ覚えてます。(汗)
世の中には、いろいろと面白い企画をする人がいるものね。
[PR]
# by yucalico | 2006-03-10 08:42 | *2005~2009* | Trackback | Comments(0)

おいしいおでかけ

日曜日、またまたロンドンへ。
Kanが、まいちゃんとCollegeで合わせをしている間、
私とCocoは、Fresh&Wildへ行ってきました。
f0018027_6542139.jpg

ここはオーガニックショップで、美味しく体にいいものなら
何でも揃う、健康志向の人たちの間では、話題のお店。
今日もいい香りが、店の外までプンプンしてました。
面白いものがいろいろあって、もっと長居したかったけど、
待ち合わせの時間がすぐに来てしまったため、
マッサージ用のオイルだけ買って、やむなく退散。

目指すは、High St. Kensington!
(ロンドン在住日本人の間では、ハイストケンね!)
まいちゃん&Kanと合流してランチ。
新しくできた地中海料理のお店に入ったら、
なんのこっちゃない、メニューはイタリアンだった・・・?
でも、味はGOOD!!
ちょっとガーリックがきつかったから、後で用事がある人には禁物かも、
だけど、まいちゃんとは久々だったから、楽しかった!!

この後、おいしいもの続々登場!
[PR]
# by yucalico | 2006-03-07 07:41 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

ひな祭りコンサート

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに
  おはなをあげましょ もものはな~

昨日は、桃の節句、おひな祭りの日でしたね。
我が家のお雛様は、こちら。
f0018027_7262655.jpg

私の両親が、イギリスにいても簡単に飾れて
遊べるものをと選んでくれ、毎年飾っています。
こんな五段の曲げわっぱにきれいに収まっている芸術品。
作者小黒さんのサイン入りです!!
f0018027_729112.jpg

赤ちゃんの頃は、口に入れないか心配だったけど、
今はやっと自分で飾れるようになりました。

実家からも写真が送られてきました。
こちらは、私のお雛様。
f0018027_7302822.jpg

フルセットで出すと、ものすごく場所をとりますが、
小さい頃は、いつも出してくれていました。
子どもがもういないのに、今年もお雛様とお内裏様だけ出したそうです。

ひな祭りコンサート
[PR]
# by yucalico | 2006-03-04 22:17 | *2005~2009* | Trackback | Comments(10)

A Little Dancer☆

ついに、Cocoはバレエレッスンを始めました!!
2回にわたるトライアルレッスンで、すっかりはまってしまい、
気分はもう、バレリーナ☆
  f0018027_1959683.jpg
f0018027_19594666.jpg














早速、おNEWのチュチュを買いに、バレエショップへ。
怖いおばちゃんがいるよ、と聞いていたので、
Ruthに一緒に行ってもらいました。Ruthがいれば、怖いものなし!
家に帰るとすぐ、ピンクのチュチュに着変えて、
自己流バレエのはじまりはじまり~♪
 f0018027_202098.jpgf0018027_20102645.jpg
















レッスンで習った ”Good toes!” (いいつま先、キレイに伸びてます。)と
f0018027_20134715.jpg

”Naughty toes!” (ダメなつま先!とすごい叱ってます)も
披露してくれました。
そ、そんなにしわ寄せてまで、叱らなくても・・・・
f0018027_201855.jpg


このバレエ教室は、近くの教会で行われています。
いろいろ見学に行っていい所を、とか思っていたのですが、
曜日が合わなかったり、もういっぱいだったりとかで、
結局ここしか見学せずに、決めちゃいました。
幼稚園で一緒のMariaやAmyもいたので、安心かなと思って。
これが、ピアノ教室とかだったら、良し悪しの区別がつくんだけど、
バレエとなると、よく分かりません。
3、4歳の初心者クラスなので、正直私が想像していたのとは違って、
幼稚園の延長??みたいな感じ。
全員ピンクのチュチュを着ているので、とにかく可愛い☆のですが、
一人がこっちへフラフラ~、そしたらもう一人があっちへ~ってな感じで、
全然まとまりがありません。
まぁ、リトミックのクラスもこんなもんか・・・
大勢の幼児を一度に教えるって、大変だわ。

一人、どう見ても2歳でしょ!って子がいて、
オムツをしていたのには目が点!
レオタードの下からオムツが出ていて、大きなお尻をふりふりしながら、
踊っていました。踊ろうとしていました。

トライアルレッスン1回目の時。
先生が、「新しいお友達のCocoよ。Cocoのお世話をしてくれる人?」
と聞くと、何人かが手を挙げてくれたのですが、
このちっちゃなオムツの子も堂々と挙手してました。(笑)
アハハ・・・あなたもお世話してくれるのね、ありがとう・・・
一人で静かに、大うけしてしまいました。

親は、こちら。
[PR]
# by yucalico | 2006-02-27 19:59 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

ロンドン、Riversideを探索

今日は、この前行けなかったDali展へ、ついに行って来ました。
f0018027_6495052.jpg

お天気が良かったので、勇んで出かけたのですが、
さ、さぶかった・・・・・・
特に、テムズ川沿いは風が吹き抜けて、寒い寒い。
f0018027_6515277.jpg

おまけに、すごい観光客の多さに唖然・・・
こんな所に来たの、留学生の時以来かも?
目の前にそびえるBig Ben に今さらながら興奮して写真を取る私たちも、
誰がどう見ても観光客。
f0018027_654971.jpg

f0018027_74794.jpg

Dali展は面白かったけど、そのシュールな世界を理解するには、
私はあまりにも凡人すぎました。
有名な口唇のソファーやロブスターの電話、とろける(?)時計が見れて
大満足!!しっかり幼稚園用に、ポストカードも買いました。
かなりの量の作品により、独特のダリワールドが広がっていて、
とても不思議な空間でしたが、
Cocoは意外にも退屈せず楽しんでいました。
最後に少しだけ、シャガールとピカソの絵があり、
それを見ると、なんだかホッとした私でした。

その前に、フードマーケットへ!
[PR]
# by yucalico | 2006-02-25 22:02 | *2005~2009* | Trackback | Comments(0)

くつろぎタイム

オリンピックが始まって以来初めて、ゆっくりテレビの前に座って、
フィギアスケートを観戦しました。
普段、日中は忙しくてテレビを見る暇なし。
私の唯一のくつろぎテレビタイムは、夕ご飯を早めに食べさせる事ができ、
寝る前の3つのお決まり事、お風呂、歯磨き、ベットでの本の読み聞かせを
無事こなし、うまく「ころん」とCocoが寝てくれた後、
キッチンの片付けに(これはKanがやってくれる事も多い)、
次の日がお弁当の場合は、その用意が終了して初めて、
手に入れることができる、貴重な貴重な時間なのです!
やっとそこまで辿り着いたと思ったら、睡魔が襲ってきて
やむなく断念なんてことも。

昨日は、珍しく8時過ぎにはCocoの部屋から脱出成功。
9時には、お菓子とお茶を持ってテレビの前にスタンバイ完了でした。
いや~、日本勢頑張ってましたね!!
これ、当たり前のことなんだけど、イギリスにいると、
イギリス中心に映すので、日本人選手の活躍を見ようと思ったら、
日本人が出るピッタリその時間に観てないと、
ハイライトなんてしてくれません。
昨日はバッチリ、フィギアの3選手の演技を堪能できてよかった!

オリンピックとか観てて思うのは、
スポーツって音楽に共通する部分があるなって事。
オリンピックやコンクールのために、ひたすら練習に励み、
それに賭けること何年。そして、勝負はものの何十分!!
その日のためにイメージトレーニングを重ね、厳しい練習に耐えても、
その一瞬不安が頭をよぎったり、思いもよらぬミスによって
今までの苦労が・・・・なんて、普通に有り得る事。
本番に、緊張をも味方にし、自分の実力を出し切って、
人に訴える事ができた人にのみ訪れる、勝者の笑み。
そう考えると、どちらも厳しい世界だな・・・
最近読んでいる本の中に、「スポーツ心理学」の本があるのですが、
これは、まさにピアノの本番にも置き換えて考えられ、
かなり興味深い内容です。
国際コンクールをやっている人には、
実力や練習だけではなく、メンタルトレーニングもかなり重要。
スポーツ界にはコーチがいて、練習プログラムや体の調整、
メンタルサポートまで、入念に指導を受ける事ができるけど、
ピアニストは、何もかも自分でやらなければいけないので、
なおさら大変です。
それでも、やっぱり好きな音楽で自分を表現できるピアニストって
幸せな職業だなって思います。
もちろん、コンクールだけが道ではなく、観客を楽しませるコンサートや、
後進を育てるという重要な役目も、音楽家にはあるしね。


気づいたら、音楽の話になっちゃったけど、
フィギアスケート、木曜日のフリープログラムも頑張って、
ぜひメダルを獲得してほしいな。

他にも・・・
[PR]
# by yucalico | 2006-02-22 20:24 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

Day Trip to Olney!

あっという間に、Half Termが終わってしまいました。
最後の締めは週末の小旅行。
私たちのピアノの先生、Frankに会いに、
はるばるBuckinghamshireにある小さな街Olneyへ行ってきました。
f0018027_19235654.jpg

Frankはロンドンの家を改装中のため、しばらくこの街に滞在しています。
この先生、レッスンも最高(私はいつも、けちょんけちょんにやられます)
なのですが、
アフターレッスンまで面倒見が良く、生徒と食べに行くのが大好き。
私の父より年上なのに、とにかく若い若い!
いつも面白い話で笑わせてくれます。
講習会の時なんて、「え?また今日も?」って言うくらい
お食事会やパーティーがあって、みんな仲良し、とっても楽しいんです。

さて、今回はFrankがランチを作ってくれるとの事!
「デザートは持ってきて!」と言われ、
前の晩に急いで作ったティラミスがこちら。
f0018027_19362820.jpg

何だか最近、お菓子ばっかり作っている気が・・・

家から高速を通って、1時間程でOlneyに到着。
イギリスでは、高速道路が未だ無料なので、とっても便利です。
このOlneyという街、私は2回目で、KanとCocoは初めて。
1445年にPancake Raceが始まった場所として有名な、
古い街並みの残る可愛らしい街なのです!
イギリスのPancake Dayについては、こちらをご覧下さい。
言い伝えによると、ある女性がパンケーキ作りに没頭するあまり、
教会の音が聞こえず、慌ててフライパンを持ったままエプロン姿で
教会へ走ったのが、レースの始まりだと言われているらしい。
Olneyでは、毎年主婦の格好をした人たちが、
パンケーキをひっくり返しながら真剣に走るというから、
ちょっとかなり興味深い。
毎年Easterの日によって、Pancake dayも異なり、
今年は2月28日らしいですよ。看板が出てました。
f0018027_19591415.jpg


ランチの後は、お散歩&ドライブ。
[PR]
# by yucalico | 2006-02-20 19:42 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)

お洒落な街

お友達のCassieに会いに行ってきました。
なんとCassieが住んでいるのは、かの有名なNotting Hill。
久々のロンドンなので、約束の時間より少し早目に着くように家を出て、
Kanはまず楽譜屋さんへ、私とCocoはちょっとお店を見るため、
ポートベローマーケットへ直行しました。
可愛い子供服の店など発見し、浮かれていたら・・・

f0018027_18492277.jpgf0018027_18495885.jpg

              
        
                  


                   

この後、何を血迷ったのか、全く別の方向へ歩き出したらしく、
道に迷ってしまいました。
はい。私、重度の方向音痴です・・・
今日に限って、A-Z(ロンドンのStreetmap)も持っていなかったので、
まさに「ココはどこ?」状態。
ウロウロしているうちに、
「今どこ?もうCassieの家の通りに着いたんだけど・・・」
とKanから電話が。
「え?もう?」
結局、行きたかったお店にはたどり着けず、買い物は諦めて
バスに乗って、待ち合わせ場所へ行きました。

少し腹ごしらえをしてから行こうと、噂のホットチョコレートのお店へ。
このお店、マニアックな店を知っているお友達ヒロ君のお勧めなのですが、
外観は「美味しいと知らないと絶対に入らないでしょ!」っていう感じの
スパニッシュカフェでした。
Kanに連れられるまま、「え?ここなの?」と微妙な顔で中へ。
確かに、Chocolateriaとは、書いてあるけど・・・どうなの??
さて、メニューを見ると、あった、あった。"Chocolate Espanol"
「With churros, please.」とKanが注文したので、
「何々?チュロスなんてメニューになかったよ」と言うと、
「チュロスと一緒が美味しいんだって!」とやけに得意気。
メニューにないものを注文するとは、おぬしも、なかなかやるな!

そして、出てきたのが、コレ!
f0018027_1919833.jpg

常識を覆すかのように濃いホットチョコレート with チュロス!
この濃さじゃ、飲むと言うより食べると言う感じ。
ところが!!!!!全然甘くない!!それがまたビックリなんです。
このチョコに、チュロスを付けて食べると、もう最高!
おいし~~い☆
チュロスがスペインのドーナツだって事、私は今日初めて知りました。
スペインでは、チョコラーテとチュロスは、絶対にセットらしい。

幸せな気分に浸りながら・・・
[PR]
# by yucalico | 2006-02-17 18:46 | *2005~2009* | Trackback | Comments(0)

ハッピーバレンタイン☆

Happy Valentine's Day!!
我が家は、予想通り、お家でバレンタインでした。
Kanの風邪は治ったし、お天気も良かったのですが、
少々お疲れ気味で・・・
看病で??       いえ、遊びすぎです・・・
病人のKanを置いて、日曜日、Ruth&Michaelと
またまたCocoのバースデーパーティー、
月曜日も、またRuth達と買い物、ドライブ&ハイキングに
行ってました。久々に運動して、心地よい疲れ。
今週は、Half Termで幼稚園から大学まで、ほぼ一斉に
お休みなので、まだまだ出かける予定がぎっしり!
だから、バレンタインはお家でって事に決定。

そこで、作りました。
例の↓のハート型で!!
f0018027_6212358.jpg

レシピは、「モンサンクレール」の有名パティシエ、辻口博啓さんの
クラシックショコラ風ケーキから。
焼き上がりは、なかなかいい感じ。

ところが・・・・

型から出すのに失敗し、何とも情けない姿になっちゃいました。(泣)
困った・・・

仕方ないので、ナイフで形を整え、チョコソースをかけ
それでもまだ側面が凸凹だったので、チョコの破片も
えいえい!とくっ付けて、なんとか完成~!
前回紹介したチョコソースで、お皿に模様なんぞ描いて、
気分はもうパティシエ。
f0018027_6325290.jpg

羽を付けたハートのエンジェルケーキ☆
奥に写っているのは、Cocoが幼稚園から持って帰ってきたポプリです。
f0018027_6342881.jpg

これは、我ながら、なかなかうまく修正が効いたわ。
しかも!向こう側のチョコの破片にハートの穴まで偶然できちゃった。

つづき。
[PR]
# by yucalico | 2006-02-15 22:07 | *2005~2009* | Trackback | Comments(4)

Coco's 4th Birthday!!

2月7日は、Cocoの4歳のお誕生日でした!
毎年、その成長振りには驚かされるばかりなのだけど、
この一年の成長は、特に大きかったような気がします。
3歳になったばかりと今とでは、大違い。
もはや、BABYを卒業して、すっかりGIRLになりました!

さて、お誕生日当日の火曜日は、Kanが仕事で遅い日。
私も午前中出かける予定があり、Cocoも幼稚園が長い日で、
あんまりお祝いができないため、
先週末から、なが~いお誕生日会の始まり始まり♪

土曜日、待ちきれなくてプレゼントとカードを開けました。
両方のおじいちゃん&おばあちゃん、そしてパパ&ママからの
たくさんのプレゼントに、Cocoちゃん大興奮。
Kanのお母さんからの手作りカードはとっても可愛かったです。
f0018027_112248.jpg

開いてみると・・・
f0018027_1124398.jpg

可愛い動物ちゃん達がいて、またまた開くと数字が登場!

日曜日、朋ちゃん&アレンのお家でお誕生日パーティー!
ローストビーフにマッシュポテトやサラダ、Cocoの大好きなChipsまで
用意してありました!!
みんなにお祝いしてもらって、Cocoは幸せ者です。
本当にどうもありがとう。
ケーキは、私が前日焼いて、持参しました。
車で運びやすいように、ドーム型にし、朋ちゃんのお家で飾り付け。
f0018027_150188.jpg

Cocoのお誕生日には、ママの手作りバースデーケーキが必ず登場!
1歳の時はパンケーキ、2歳の時は、チーズケーキ、
3歳の時は、ブルーベリータルト、そして今年は、イチゴのケーキです☆
f0018027_1324978.jpg

”Happy Birthday to Coco!”
ケーキの中には、たっぷりのイチゴとイチゴクリームが入っています。
f0018027_1342966.jpg


月曜日、そしてお誕生日当日・・・
[PR]
# by yucalico | 2006-02-07 22:03 | *2005~2009* | Trackback | Comments(9)

バイリンガルへの道

毎週末、私たちが追われるのは、Cocoの幼稚園の準備。
アルファベットと数字の練習帳(通称:Pinkbook)に、
次の週の”Letter of the Week”用のスクラップ作りに、
そのアルファベットで始まる物探し・・・
f0018027_758312.jpg

Cocoの幼稚園は、アルファベットや数字の勉強も、もう開始しているらしく、
毎週、[その週のアルファベット]というのが決まっていて、
その文字から始まる物を雑誌から切り抜いて、ぺたぺた紙に貼り、
さらに月曜日に、その中の物を一つ持っていくのがお約束。
ちなみに、来週は「O」の週。
なので、「O」が付くものを大捜索。
Orange,Olive Oil,Oven,Onion etc.....
思い付くのはいいけど、それをまた雑誌で探すとなると結構大変。
いつも、どうでもいい雑誌を取っておかないと、
日曜日の夜に慌てる事になります。
さて、明日は何を持って行こうか?
f0018027_7141022.jpg

頑張って、ピンクブックに励むCoco。

Cocoの幼稚園は、日本では考えられないほど、
ユニークな幼稚園で、クラスは一クラスだけ!
なので、2歳から4歳まで、み~んな一緒。
全部で30人もいません。それに対して先生が5~6人。
とっても贅沢でしょ!?
まず、日本と違うのは、みんなが一緒に行動し、
全て一緒のレベルで進んでいくと言う事は、絶対になし。
もちろん、1日の始めと終わりはみんなで輪になり、
歌を歌ったり、お話を聞いたりしますが、
その後は、3、4人のグループに分かれて行動したり、
自分のしたいActivityを自由に選んで、勉強したり遊んだりできます。
最初は、そんなのできちんとみんなをまとめられるの??と
かなり疑問もあったのですが、
ここの子達は、不思議と落ち着いていて、
それぞれが意欲的に自分のしたい作業を見つけて没頭。
大きい子が小さい子の面倒を見て、小さい子は大きい子の真似をして、
色々学んでいるようです。
季節の行事や、様々な国の文化も積極的に取り入れ、
いつもいろんな工作を持って帰ってきます。
早くから、文字や数字もやるのですが、そのレベルや進み具合も全く個別。
みんなが、数字を10までやりましょう!ではなく、
一人ずつの計画表があり、他とは比べず、その子がどれだけ成長したかを
記録していきます。
こちらの、幼稚園や小学校へ見学に行って思うのは、
「協調性より独立性」を重視するんだな、と言う事。
以前見学に行った小学校の校長先生も、
やたらと「Independence and Self- discipline」を
強調していたのを、鮮明に覚えています。
Cocoの幼稚園の教育にも、共感できる面、また勉強になる面が
たくさんある一方で、やはり日本人としては、
もし日本に帰った時のことを考えると、その教育方針の違いが
これからの性格育成、日本への適応能力に
大きく関わってくるだろうなと、懸念せずにはおれません。
私自身も、小さい頃、帰国子女の子が、随分はっきりと物事を判断し、
自分の気持ちをストレートに伝えてくるな、と驚いた記憶があるので。

気になるCocoの英語力は?
[PR]
# by yucalico | 2006-02-05 07:37 | *2005~2009* | Trackback | Comments(2)


ロンドン郊外に暮らす音楽一家の日常、レッスン、大好きなティータイム、旅行、ささやかな喜び・・・などを綴った音楽帳♪


by yucalico

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
*おとのあるくらし*
*ぷれりゅーど*
*おちゃしましょ*
*すてきさがし*
*おいしいはっけん*
*ナチュラルライフ*
*こころ&ゆめ*
*たびのおもいで*
*ともだちのわ*
*グレイスフルスイーツ*
*ひびのつぶやき*
*2005~2009*
*ちいさなアルバム*
*おうちづくり*
未分類

最新の記事

ジェノバのホテル
at 2017-11-05 03:11
続 チンクエテッレ
at 2017-11-03 05:43
イタリアの小さな村チンクエテッレ
at 2017-10-29 06:21
秋のイタリア旅行
at 2017-10-27 01:12
アフタヌーンティー@Balm..
at 2017-10-18 03:40

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

pianopianoさん..
by yucalico at 06:30
pianopianoさん..
by yucalico at 05:58
すみません、こちらのブロ..
by pianopiano at 08:57
はじめまして。 ロンド..
by pianopiano at 08:28
鍵コメさん、コメントあり..
by yucalico at 07:04
鍵コメさん、コメントあり..
by yucalico at 06:47
鍵コメさん とっても嬉..
by yucalico at 00:35
♪鍵コメさん メッセー..
by yucalico at 21:28
♪せのーかおりさん コ..
by yucalico at 07:44
ついさっき、この記事を拝..
by せのーかおり at 23:20

最新のトラックバック

Galette des ..
from Strawberry and..
MOMOランチ
from Strawberry and..

2009年6月から2010年
11月までのブログはこちら


検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧